HOME焦らずまったりが女性の本音

焦らずまったりが女性の本音

社会人になると仕事やストレスからセックスの頻度が減りがちになります。疲れてする気にならない、エクスタシーに達してしまえばお終いというケースも多いようです。男性からすれば忙しくても身体を重ねるのは恋人として当然、という考える人もいますよね。ですが、女性にとって時間に追われながらのセックスはあまり好まれません。

セックスよりスキンシップを好む女性

実は、セックスにおいて女性がエクスタシーを強く感じることは中々ありません。直接性感帯を刺激しなければ肉体的に興奮するのは難しいくらいです。行為自体よりも、最中のキスや抱きしめ合うなどのスキンシップから満たされるという人が多いのはそういった理由からきています。

そのため女性にとっては忙しさからあっさり終わってしまうより、休日に恋人とコミュニケーションをとりながらゆったり行うセックスが好まれています。大切なのは回数よりも、どれだけ心の通わせた行為が出来るかということです。 「疲れてるからはやく眠りたい」と思う男性もいるでしょう。しかしセックス後のピロートークは双方にとって話ができる貴重な時間です。ほんの少しでも女性は構わないのですから、すぐに寝てしまわずに相手とのゆったりとした会話を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スローセックスでマンネリ解消

休日にスローセックスをするのは男性にとっても良い面があります。日々時間に追われるなかでのセックスは愛撫して挿入しておしまい、と単調になりがちです。仕事の疲れや睡眠時間の欲しさから、色々と気を配ることも一苦労ですよね。その点休日なら時間を気にしなくていいのですから、男性も満足したセックスをすることができます。

いつもと違う体位を試してみたり、購入したグッズやローションを使用したり…普段できないセックスを行うのはマンネリ解消にも良いです。お互いに満足のいく行為ができれば、パートナーとの愛情がよりいっそう深まるでしょう。

女性にとって恋人とのセックスは『愛情確認』でもあります。ただ行うのではなく、大切なコミュニケーションの意味合いを含みます。端的に言えばエクスタシーに達せずとも、日頃減りがちなスキンシップを楽しみたいという意見も多いです。男性のほうも相手の身体に気を遣い、「愛してるよ」などしっかり言葉で伝えると、とても喜ばれます。忙しい日々の中だからこそ、休日にゆったりした恋人とのセックスを楽しんでください。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ