男と女、フェロモンの感じ方

恋愛においてフェロモンとは『異性を興奮させ、魅了させるための見えない信号』を意味します。しかし、性別によってフェロモンの感じ方に違いがあるのをご存知ですか?それには男女で脳の構造が異なっていることが大きく影響しています。
フェロモンの匂いを感じたことある方いますか? : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE
女性のフェロモンは「ときめき」から
女性のフェロモンには『性ホルモン』が大きく関係しています。活性化させるには規則正しい生活習慣をおくることが重要です。他にも物事を喜んだり、興奮したりすることなどの感情からも影響されます。そのため、ホルモン活性には恋愛をすることが効果的です。

ベテランの女優でも年下の恋人ができてから若々しくなったように感じる…という人を見かけますが、これは恋愛における『ときめき』が生んだ効果といえるでしょう。笑ったり興奮したりして刺激を受けることで、フェロモンを引き立たせています。異性に対して日常のちょっとした仕草や気遣いに魅力を感じとるのは、感受性の強い女性ならではです。このように女性のフェロモンセンサーはとても優秀です。その反面、繊細でもあり強いストレスから分泌が減少してしまうこともあるので注意してください。思いつめすぎずに適度にストレス発散しましょう。
男性にはストレートにアピールを
逆に、男性の脳はフェロモンを敏感に感じとる機能がほとんどないようです。意識させるにはフェロモンが届く距離まで近づいていくことが効果的といわれます。
さりげなく隣に座ったり、手を握ったりしましょう。男性はフェロモンの感受性が低いので、何回も繰り返して自覚させることが重要です。「自分に気があるのか?」と意識させれば相手へのアプローチの効果もぐっと強まります。恋愛にスキンシップが良いといわれる理由はここからきています。
他にも、夏服などで肌をさらすのも良いアピールになります。「女性の露出にムラッとくる」というのはよく聞きますよね。性欲を刺激することで、同時にフェロモンを感じさせるといった方法も効果があるでしょう。男性の場合、回りくどい真似をせずにストレートにしたほうが良いです。

男性と女性でフェロモンの感じ方はこのように違います。フェロモンの主成分となるホルモンは、規則正しい生活習慣をしていると増えていきます。 普段から食事や運動に気を配ることがポイントです。意中の相手にどのタイミングでアピールをするべきかを知り、上手くコミュニケーションをとりましょう。