女性には信じられない、男性のエッチに対する考え

セックスにおいて女性が恋人に操を立てる反面、男性は他の女性と身体を重ねることにあまり抵抗がありません。性欲旺盛で、セックスを好んでいます。性欲があるのは生き物である以上当然ですが、男性と女性でなぜこうも違うのでしょうか。
セックスをするのは本能から
まずいえるのは「男性にとってセックスは本能的な欲求であり、愛情は関係ない」ということです。あんまりな言葉ですがエクスタシーに達することは男性にとって一種のストレス発散であり、そこに恋愛感情が絶対必要という訳ではありません。
特に男性ホルモンが活発になる10代~20代では、毎日しても足りないと感じる人もいます。マスターベーションの頻度も女性とは比べものになりません。性に関して男女の考えは対照的です。特に、セックス観では共感できない部分も多いでしょう。個人的な意識の差もありますが、本能ゆえ仕方がないと割り切ってしまう部分も時に必要になります。
セックス白書~男性の生態に衝撃~:日経ウーマンオンライン【働く女性700人のセックス白書】
浮気をするのは自分のため?恋人のため?
もちろん、男性にとって愛する人とのセックスは大切なことです。しかし恋人としたくても出来ない状況であればどうでしょうか。浮気をする理由として「恋人から拒否されたから」というケースもあります。性欲が旺盛である分、身体の欲求不満を耐えるのは難しいです。行為を無理強いせず、相手の気持ちをくみ取っているのは良心的といえるでしょう。
ですがこの様なケースは極めて稀です。背徳観やセックス自体の魅力から浮気に走る人もいます。性欲は30代で徐々に落ち着いてきますが、自分の欲だけでなく相手の反応を気に掛ける様になると「もっと色々な女性の反応を見たい」と、他の人に走ってしまうことも。 身体の不満から浮気に走るのが男性なら、女性は心の不満から浮気するといわれます。
「恋人と会えなくて寂しいから」「相手の気持ちが分からなくて不安だから」など心の隙間を埋めるためです。セックスよりも、寂しさや不安といった心理的理由が挙げられます。

セックス観の違いから喧嘩に発展するカップルも多いです。お互いに融通を利かせることも必要ですが、どうしても我慢ならない場合は相手としっかり話し合いましょう。折り合いをつけるポイントを模索することも、恋人で居続けていくために必要なことです。