HOME褒めてあげれば女性はセックスに積極的になる!

褒めてあげれば女性はセックスに積極的になる!

スポーツの指導法の一つに「褒めて伸ばす」というやり方があります。子供などの場合、まずは楽しさを覚えさせて続けさせることが大切であるからです。実はこの考え方は性に関することでも応用できるものです。楽しいプレイを続けていくにはパートナーのモチベーション維持を図るのは意外と重要なことなのです。「彼女や妻が積極的になって欲しい」、そう思うのであれば褒めて伸ばすセックスを意識してみましょう。

テクニックを褒めるのは当然のこと

スポーツにおいて、怒られながら技術を習得するよりも褒められつつ楽しく練習をする方が成長しやすい傾向にあります。認められることでモチベーションの維持に繋がり、集中力が維持しやすいということがその理由です。セックスに関しても同じで「へたくそ」なんて言われるよりも「上手だね」と声をかけられた方が嬉しいものですよね。例えば、フェラを褒められつつ「もうちょっとカリの方もやってみて?」とアドバイスをされた方が女性も素直に応じやすいはずです。たとえ最初は下手であっても褒めつつ伸ばしていけば自分好みのテクニックを自然と身に付けていってくれるものなのです。

愛の言葉と一緒に体も褒める

女性は男性から形のある愛情表現をされることを望んでいます。「ちゃんと好きって言ってくれないとわからない!」なんて言われる人も多いでしょう。女性は具体的な愛情表現、つまり自分を肯定するような態度を望んでいるのです。とはいえ、日常生活中に素の状態で「愛している」なんて口にするのは恥ずかしい、照れると思う男性は多いことでしょう。日本人は「アイラブユー」を言い慣れていないのです。
しかしセックス中であればどうでしょうか。気持ちは高ぶり興奮をしていますからきっと愛の言葉をささやくのにそれほど恥ずかしいとは思わないはずです。それでも直接言うのが恥ずかしいという場合はさらに工夫を加えて「このおっぱいが好きだ」「お尻が可愛い」「君の中ってとっても素敵」などと言ってみてはいかがでしょうか。直接的な愛の言葉ではありませんが、体を褒めることで間接的に愛をささやいていることになるはずです。

コンプレックスこそ好きになれ!

女性は美を追い求める生き物ですが、実は常に自分に対してコンプレックスを持っています。貧乳であったりデカ尻であったりというのは本来隠したいと思っている部分でしょう。しかしそういった女体へのコンプレックスを逆に褒めることで愛情は一気に深まります。「可愛いおっぱいに萌える」「なんて魅惑的なお尻なんだろう…」と言った感じで褒めてみてください。女性はコンプレックスすらも愛してくれるパートナーにゾッコンになってしまうはずです。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ