HOMEリラックスタイムでED解消

リラックスタイムでED解消

日々のストレスは厄介なものです。美味しい物を食べたり、ゆったりとバスタイムを満喫したり…人によって様々な解消法があります。ストレスを発散することは健やかな生活を送るのに欠かせないもの。それは性生活にもいえることです。

性欲が強まるタイミングとは?

セックスの最中に「性器が十分に硬くならない」などのED(勃起不全)症状に悩まれている男性は多いです。発症理由はストレスから疾病など様々。昔に比べ、治療法も専門的施設で診察をするという意識が徐々に広まってきています。 このような医学的治療はたしかに効果的ですが、治療という概念に当てはめなければ『性欲を感じやすくするシチュエーションを作る』といったこともED対策にあげられます。

一般的に性欲はリラックスしている状態が一番感じやすくなります。食後ならば2〜3時間経って消化が終わった頃合いです。夕食を食べ終え、雑談をしながら過ごし、疲れが癒えてきたところでセックスをする…といった流れが理想的な流れといえます。逆に普段とは違うシチュエーションだと無意識に緊張してしまい、普段より感じづらくなるので逆効果になってしまいます。他にもお互いにシャワーを浴びた後すぐにやるのではなく、ベットのなかで触れ合ったりしてスキンシップを楽しむのも良いでしょう。焦らず自然体に快感を積み重ねることで、十分な勃起や硬さを期待しやすくなります。

エクスタシーは喜びや満足感から

愛撫をだけでは十分な快感までいかないケースもあります。そんな時は無理に挿入にこだわる必要はないでしょう。恋人になりたての時のようなスキンシップを楽しむのも良いですよね。「また明日もあるのだから」と相手への励ましも忘れずに。

セックスができなくても恋人と触れ合うのは大切な愛情確認です。なによりエクスタシーに達するのは、喜びや満足感と言った相手を想う気持ちからでしょう。EDであることに焦ったり不安に思ったりすることなく、ゆっくりと症状を改善していって下さい。セックスレスは男性の自信低下にも大きな影響を与えます。長期化すれば性生活だけではなく、職場や生活のなかでも強いプレッシャーに苛まれることも。パートナーも積極的に症状改善に協力してもらうことが必要になってきます。医師への相談も気軽に行ってみるべきです。有効率の高いバイアグラなどの薬を使えば、拍子抜けするほど簡単に症状が改善する場合もあるようです。

日常にも性生活においても、リラックスする時間は大切です。セックスレスなどの不測の状態では、普段通りのペースを保つことを心掛けましょう。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ