HOME女の本音

勢い良く射精できるとなんだか気持ち良いのには理由があった!

射精の飛距離が出るとなんだか気持ち良くありませんか?なぜ遠くまで精子が飛ぶと快感が得られるのでしょうか?飛距離とペニスの大きさ、また勃起力との関係性からその秘密を探っていきます!

飛距離が出るとなんだか気持ち良い?

男性が最も性感を得るのは射精の瞬間です。いわゆるイッタとされるタイミングはまさに天国に行くほどの絶頂を感じているんですね。女性のオーガズムと違って精子が勢い良く飛び出すので見た目にもわかりやすいといえるでしょう。
人によって違うかもしれませんが、射精飛距離がでるとなんだか「気持ち良い」って思いませんか?たとえば女性のお腹に発射しようと思ったのに、勢いがありすぎて首とか顔にかかってしまった経験がある人もいることでしょう。その時「ごめん、気持ちよすぎて飛びすぎた」なんて言い訳じみたことを言ってしまうのではないでしょうか。果たして本当に射精の飛距離は快感と繋がっているのでしょうか?

デカい人は射精飛距離も大きい?

飛距離を出すにはどうすればいいのか、まずはそこから考えてみましょう。射精をするためには内括約筋や外括約筋といったものが関係しています。つまりそれらPC筋と呼ばれるものが鍛えられれば射精の飛距離も伸びやすいということです。
またもう一つの要素としてペニスサイズも関係してくるかもしれません。というのも、デカチンの人は射精の飛距離がでやすいという話があるのです。医学的な研究は全くされていませんのであくまでも推測でしかありませんが、射精は銃の弾丸と似ているのかもしれません。
たとえば短銃は連射性がある分、飛距離はあまり出ません。逆にライフル銃のように長い銃身のものは連射がききませんが飛距離が伸びやすい性能となっています。銃にも例えられることがあるペニスですが、もしかしたら飛距離に関しても例えが効くのでは…という可能性もありえますよね。

ペニスの硬さも関係している?

大きさだけでなく、ペニスの硬さも関係してくるかもしれません。みなさんも一度くらいは経験があると思いますが、中途半端な勃起をしている時は射精の飛距離が全く出ません。挿入途中に中折れしてしまって頑張って射精するもののチョロチョロ…としか出ないんです。
PC筋は射精とも関係がある筋肉ですが、実はペニスを支える土台としての役割も持っています。実際にしっかりと勃起しているときはPC筋は張りがあります。逆に通常時や中途半端な勃起の時は、まるでお休みしているかのように張りもなくなっているんですね。つまり、硬く勃起している状態でないと、PC筋は働きを弱めてしまい結果として射精飛距離も出にくくなるということなんです。

たくましい勃起で飛距離がでると満足感がある!

射精の飛距離と勃起力、これには明らかな相関関係がありそうですよね。デカさよりも重要なのは硬さだったんです。勃起力を得るためには日々の食事や運動など、健康に気を使うことが大切です。また、EDである場合にはバイアグラを使用することでたくましいペニスを得ることができるでしょう。
こうして考えていくと、射精の飛距離というのはよく勃起しているから起こること、つまり性感の面でも精神的な面でも気持ち良くセックスができた証なのかもしれません。飛距離がでたから良いのではなく、良いプレイが距離を生み出しているのでしょうね。
パートナーの顔にかかるくらい元気に射精できたのならば、健康なペニスを持っている証拠。心地良いセックスライフに感謝!ですね。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ