HOMEちょっと気になる妊娠中のセックスの話

ちょっと気になる妊娠中のセックスの話

新しい命が宿ったことは、夫婦にとって何物にも変えがたい喜びではないでしょうか。少しずつ大きくなってくるおなかは愛しいものでしょう。そこでちょっと気になるのが、妻が妊娠中の場合、セックスはどうしたらいいのか、ということです。妻の妊娠中に夫の浮気が多くなると言いますから、妻にしてみれば気が気ではありませんね。男性も女性も必見、妊娠中のセックスのお話をご紹介します。

妊娠出産経験のある先輩ママさんたちの体験談をご紹介

妊娠していることが分かったとき、まだまだ形は小さいけれど大きな幸せがおなかに宿ったようで嬉しさ全開ではないでしょうか。これからどんどん大きくなっていくおなか。同時に心配なことも色々出てきます。そのうちのひとつがセックスです。妊娠したのだから我慢、というわけにはいかないでしょう。やはり性欲があることは人間の体と精神が健康の証ですから、妻が妊娠中だとしてもセックスしたいという欲求を無理に抑える必要はありません。これは妻も夫も同じことがいえます。これらは妊娠出産を経験したママさんたちの多くが口を揃えて言うことです。妊娠初期に比べると後期はやはりおなかの赤ちゃんが心配になるので回数は減ってくるそうですね。

妊娠中の夫婦はセックスをどう考えたらいいのか

どうしてもおなかの赤ちゃんが気になってしまう、これは当たり前の感情でしょう。妻は母性が、夫は父性が徐々に芽生えてくる証拠です。ですから、妊娠中のセックスは回数こそ減るものの、一度のセックスはお互いに愛情を確かめ合うようにゆったりとしたスタイルを保つといいでしょう。そうすれば母体にかかる負担を減らすことができますし、夫も妻も愛を確かめ合うことができるので、夫婦としての関係も良好に保つことができるはずです。

定期健診で体の健康をチェックしましょう

そのためには定期健診を受けることが大事です。妊娠中は一ヶ月に一度妊婦健診を受けることになります。このとき、おなかの状態を見てもらい、胎児の健康状態が良いとお墨付きをもらえば夫婦そろって安心できますね。面倒臭がらずに必ず健診は受けましょう。一ヶ月に一度ですが、途中で体調の変化を感じた場合は我慢せず、すぐに病院を訪ねましょう。

妊娠中のセックスで気をつけること

アメリカの調査では、必要以上に激しくなく、膣炎などが起きていなければ早産になるリスクはないという結果が報告されています。しかし、セックスをすることで女性は子宮頸部が刺激されて、その結果子宮が収縮する可能性が出てきます。目安として、おなかの張りを感じているときはセックスを控えるといいようです。さらに、不正出血が見られたときも控えることをおすすめします。妊娠中のセックスは、とにかく無理な体位をしないこと、当たり前ですが清潔に保つこと、セックスの途中でおなかが張ってきたらやめること、これらを守っていればだいじょうぶです。

妊娠中は何かと気になることが出てきますが、夫婦でひとつずつ問題をクリアしていきましょう。妊娠中の夫の浮気が原因で夫婦仲が悪くなるのは悲しいですからね。妊娠中でもお互いの愛情を確かめ合うためにセックスすることは大事ですが、安全には十分注意を払いましょう。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ