HOME女性の座り方

女性の心から見る婚前交渉が当たり前になった理由

今の日本において、お付き合いをしたらセックスをするというのは当たり前のことです。一昔前ならば婚前交渉をするなんてことはタブー的扱いでしたが時代が変われば変わるものなのですね。しかしどうして昔と違って恋人でもセックスをするのが当たり前になってきたのでしょうか?今回は女性側の心理面から分析をしていきます。

婚前交渉が当たり前の時代!

恋人ならばセックスをするのが当たり前、今の日本ではこれがスタンダートな考え方です。とはいえ、ひと昔前ならば婚前交渉なんてあまりほめられたものではありませんでした。ではなぜ現代ではOKになっているのでしょうか?
一つの考え方として性がオープンになってきていることが挙げられます。雑誌やネットなど今は性の情報を得ようと思ったら簡単に手に入る時代です。また性教育を行っている学校も多く、10代のうちから「コンドームの使い方」を教えたりもしています。そうした様々な要因からセックスへのハードルが下がってきたことが一つの理由になるのでしょう。

心をつなぎとめるためのセックス

セックスを恋人関係の潤滑油として利用しているという考え方もあります。そもそも人間の性行為には子孫繁栄だけでなくコミュニケーションとしての役割もあります。体がつながることで心もつながるという考え方です。
女性の側から考えた場合、「彼を満足させてあげたい」「気持ち良くなってほしい」という気持ちでセックスをしていると考えられます。さらに発展させていくと性行為を通じて「自分だけを見てほしい」という気持ちもあるのかもしれません。若い内は特に性行為にハマりやすいものです。彼に対して適度に快楽を与えていけば他の女性に目移りしない、そう考えている子は意外と多いのです。彼への愛情と束縛、女性にとってセックスとはそういう意味合いもあります。

将来に向けて新たな関係を築くため

恋人になるためにはいくつかのステップが必要となります。知り合いになって友達になり、そして恋人未満の関係から告白をすることで晴れてお付き合いという流れが一般的でしょう。恋人になってからも、手をつなぐのはいつか、キスはどうしたらいい?などたくさんの段階が待っています。そうしたステップの一つとしてセックスも存在しているのです。女性は恋愛に明確なゴールや目標といったものを立てる傾向にあります。「大好きな彼とエッチができた」これもまた一つの到達点と女性は考えているのです。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ