HOME女性が好きなシチュエーションを理解

口説くなら、女性が好きなシチュエーションを理解しよう!

一夜の恋愛を楽しみたいという男性は多いでしょうが、そう簡単に願いはかなえられません。ところが、女性が弱いシチュエーションに持ち込めば意外なほど簡単にセックスをすることができます。
女と言うのは男に比べて感受性が強くて心理面の状態に非常に左右されやすくなっています。相手の状態を読み取り、シチュエーションを活用すれば出会ったその日であってもエッチに持ちこめてしまうのです。

ロマンティックなシチュエーション

映画業界は洋画も邦画も勢いが非常に活発になってきています。多くのタイトルが上映されていますから逆に観る作品に迷ってしまうこともあるでしょう。たくさんの映画ジャンルの中でも女性が好むのはロマンティックな恋愛映画です。紆余曲折会って最終的に結ばれてハッピーエンド、男にとっては退屈かもしれませんが女からすれば涙なしでは見られません。
なぜ女性は恋愛映画を好むのか?ストーリーはありきたりだし、ラストも予想がつくのになぜ見る必要があるのでしょうか?答えは簡単で、女性はロマンティックなシチュエーションにとにかく弱いのです。映画のヒロインに自分を見立てて、現実にはないような状況で愛の告白をされることを妄想しているわけです。
リアルで口説く場合も「壮大なロマンティックさ」があれば簡単に落とすことができます。様々な手の込んだ演出を施して女性を口説いてみましょう。

気持ちの浮き沈みを狙う!

女性は自分の心理的状況によって大きく左右される生き物です。例えば落ち込んでいる時などに男性から優しくされると「寄り添いたい」「慰めて欲しい」という気持ちになってしまうのです。例えば彼と大喧嘩をした女性がボーイフレンドに慰めてもらってそのままエッチをしてしまったなんていうのは良くある話です。気持ちが落ち込んでいる女性というのは男にとって狙い目なんですね。
逆に気持ちが盛り上がっている時も口説きやすい状態です。仕事で大きな商談をまとめあげたとかの場合、男性でも気持ちは晴れやかですよね。女性は心に左右されやすいですから、それ以上に盛り上がっています。そして「誰かに祝って欲しい」「喜んでほしい」と思っているものなのです。そうした女性に近づいてこれ以上ないくらい盛り上げてあげれば…ノリとか勢いでそのままホテルに行くなんてこともあり得ない話ではありません。

シチュエーションを活かすにはバーが良い

こうした状況を上手く活用するために適した場所というのがバーになります。薄暗くて落ち着いた雰囲気というのはロマンティックな演出や状況を作りやすいものでしょう。そもそも一人でバーに行く女性というのは何らかのワケありなはずです。男にとってこれほど狙い目なシチュエーションはないのではないでしょうか。まずはバーに行って一人で来ている女性に声をかける、そんなところから始めてみましょう。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ