HOMEセックスするのにちょうど良いアルコール量を探れ!

セックスするのにちょうど良いアルコール量

お酒は人生の友、そういう思いを持って晩酌をしている人もたくさんいることでしょう。人間にとってアルコールはストレス解消法の一つであり、コミュニケーションツールとしての役割も持っています。もちろんデート中であれば男女の仲を深めるアイテムとしても機能することでしょう。しかし性生活においてはどうなのでしょうか?アルコールとセックスの関係について見ていきましょう。

お酒は合コンやデートの定番

合コンをしたりデートをする時、やはりお酒というのは欠かせません。初めは緊張していたとしても時間が経ってアルコールの量が増えていけば警戒心も解けていき、親密感が増していくはずです。お酒が美味しければ口も饒舌になり口説きやすくなりますし、何となく人恋しくなるために男女の密着度も増えてきたりもするでしょう。男女の仲を深めるためにアルコールというのはとても良い働きを持っているのです。

セックスするのに適したアルコール量は?

とはいえあまり飲みすぎると失敗してしまうこともあるでしょう。せっかくチャンスが巡ってきても勃起できなかったり、泥酔しすぎて眠ってしまったりしてはもったいないですよね。そこでセックスをする上でちょうど良いアルコールの量というのを知っておきましょう。
血中アルコール度数が低い段階、例えばビールにして大瓶1本くらいの時は爽快感があり、精力が程よい状態になります。大瓶2本に突入してくると徐々に勃起力が低下していくようになります。さらに飲み進めていくと勃起できない状態、もしくは挿入してもイキにくい状態になっていきます。
アルコールの分解には個人差がありますので一概には言えませんが、自分で「ほろ酔いだな」と思えるくらいの方が感度も勃起力も高い状態を維持できるでしょう。
女性の場合も同じでやはり飲みすぎると性的な能力は低下してしまいますし、眠気に襲われてしまうようになります。ただ、男性と違って勃起する必要がありませんので行為自体は行うことも可能です。いずれにしても気持ち良くエッチをするのであれば飲みすぎは厳禁と言えるでしょう。

飲みすぎると色々と良くない!

適量を大幅に超えてしまうと男性には大きな障害が出てきてしまいます。先ほども書きましたが勃起力が大幅に低下してしまうのです。その時は笑ってごまかせるかもしれませんが、何度も「勃たない」経験を積んでしまうと無意識のうちにストレスが溜まってしまいます。そのせいで精神的なEDとなる場合もあるのです。
肉体的な問題ではないのでバイアグラなどのED治療薬を服用することによって改善される可能性は高いですが、あまり飲みすぎるのは良くないということですね。ちなみに、バイアグラがあるからといって安心しすぎもいけません。アルコールと一緒に服用すると効果が激減しますので注意をしましょう。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ