HOME心理学的な手法で女性を落とせるワケ

心理学的な手法でいとも簡単に女性を落とせるワケ

女性に好かれるのは難しい…と思っているあなた!実は駆け引きを使えばすごく簡単に異性の好意を引き出すことができます。きっかけづくり程度のものから本格的に好きになってもらうテクニックまで、女性を口説くのに使える方法をご紹介いたします。

何度も会うと女は好意を寄せるようになる?

とっても簡単で効果が早めに現れやいテクニックがあります。それは何度も繰り返して意中の女性と会うという方法です。「何を言ってるんだ?」と思うかもしれませんが、これは心理学的に認められた駆け引きなんです。
人は短期間に何度も接触するとその人に対して好意を抱きやすくなる傾向にあると言われています。これは単純接触効果とよばれるもので、1986年にアメリカの心理学者がその効果を発表しました。
実際に、TVでよく見る芸能人とか何度もCMで流れる音楽って自然と記憶しますしなんだか好意的な印象を持ちませんか?何度も見聞きしているうちに「いいものなんだな」と脳が判断してしまうのだそうです。恋愛関係でも同じで、会うことを繰り返していけば次第に知人から友人くらいに昇格できるんです。簡単な方法ですからぜひ使ってみましょう。

似たもの同士は惹かれやすい!

同じ意見を持っている人に対して人は好意を抱きやすいものです。似たもの同士は気が合うなんていいますけど、異性関係でも感性や考え方が似ている相手には好意を抱きやすいんです。しかもその効果は、なんらかのストレスを感じる状況下であるとさらに増幅されます。
たとえば、群馬から東京に出てきて友人もいなくて心細くしている女性がいたとします。あなたも群馬から出てきたとすればかなりチャンスとなるでしょう。その女性に向かって「僕も群馬出身なんだけど、東京ってすごいね。でも寂しいや」と軽く弱音を吐いてみてください。彼女も同じように思っていたところに共感できる人がいてものすごく安心感・親近感がわくはずです。一気に関係は進展することでしょう。

全く正反対ほど好きになってしまう理由

似たもの同士とは逆に全く考え方が逆の人に惹かれるというケースもあります。これは相補性の法則と呼ばれるもので、自分にはないものを持っている人に対して好意を持つ心理的な作用なんだそうです。
実際にまったくもって外見がダメな男性が超美人と付き合っていることがありますよね。そういう場合はなんらかの相補性が効果をもたらしていると考えられます。相手の意見を尊重しつつ、それぞれの足りない部分を補い合う、そう考えるととても素晴らしい法則といえるでしょう。

好きだと伝えると相手も気になっちゃう法則

ダメ元で告白したら意外と好感触だった…そういう経験がある人は少なくありません。実は人って好意を伝えられた相手に対して、良い印象を持つようになるんです。自分を好きになってくれるんだからいい人に違いない、そんな補完が無意識化で生まれるのでしょう。
好意の返報性という効果で、これは意外に効果的な駆け引きと言えます。脈がないなぁと思える相手に向かって唐突に「かわいいね」「オシャレだよね」なんて軽い好意を何度も伝えてみましょう。その積み重ねによって、彼女もあなたに対して好意を持つようになります。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ