HOME覚えておくべきコツ

初デートは緊張するもの!大成功させるために覚えておくべきコツ

初めてのデートは誰でも緊張してしまうもの。心の昂ぶりを感じつつ、それを良い方向に向けていきましょう。初デートを成功させるために知っておきたいことをいくつかご紹介しておきます。

初デートで大切なのは会話!

カップルに会話が大切、これは当たり前のことでが、初デートとなればなおさら重要なポイントとなります。どこに行くのかを考えることも必要ですが、まずはコミュニケーションを意識してみましょう。
なぜ初デートでは会話が重要なポイントとなるのでしょうか。そもそも、デートというのは二人きりでどこかに出かけることですよね。それは別に「どこかに行きたい」が先ではなくて「二人で一緒にいたい」という気持ちが先のはずです。それをさらに詳しく分析すると、デートで二人だけの思い出を作りたい、という想いにつながっているんですね。
デートの記憶は他の人の入る余地がない大切なメモリーです。そんな大事なものなのに、二人で会話したっけ?と首をかしげるようではちょっと残念な気持ちになりますよね。初デートで初々しく会話をするのも恥ずかしい、そういう気持ちは確かにあるでしょう。ですが、ちょっとずつでも話すことができれば、より深く思い出を共有することができます。大切な初デートだからこそ、コミュニケーションを大切にすべき、それを忘れないようにしましょう。

手をつなぐ、キスをするタイミングは?

初デートのイベントの一つとなりそうなのが「手をつなぐ」ことと「キス」ではないでしょうか。付き合いが長くなればこんなこと当たり前の行動になってしまうものですが、付き合いたてのうちはなかなか踏み出せないんですよね。
手をつなぐタイミングとして最もスムーズなのが、出発する瞬間です。ここで勇気を持って彼女の手を握ってしまえばあとはもうデート中ずっとつないでいても不自然ではなくなります。ですが、後に後に伸ばしてしまうと…いつのまにかタイミングがなくなって初デートで手をつなげなかった!という事態になることも。ベストなのは出発の瞬間、それ以降はなるべく早く手をつなぐように頑張りましょう!
キスはデートの最後に…と思う人も多いのではないでしょうか。確かに記念となるものですから、印象に残りやすいラストシーンにとっておきたい気持ちもわかります。ですが、逆にキスできるタイミングがあればいつでもOKという考え方もあります。下手に先延ばしにしてしまうと手をつなぐのと同様に緊張しすぎてしまい結果、できなかった…ということにもなりかねません。キスできるタイミングがきたのならばデートの最初だろうが中盤だろうが関係なしにしてしまいましょう。その方が女性も安心するものです。

これをやったら嫌われる!初デートのタブー

初デートでは絶対にやるべきでないタブーが存在します。通常のデートともかぶる部分がありますが、特に初めてではやってはいけないものをご紹介いたしますね。
まず、会話が大切だからといって「自分ばかり話す」のはやめましょう。付き合いたては共通の話題も少なく、どうしても自分の経験や知識ばかりが出やすいものです。それは仕方ありませんが、ずっとあなたのターンではいけません。女性にも話してもらい、彼女のことを詳しく知るきっかけとしましょう。
スマホの使い方も注意が必要です。基本的にデート中はいじってはいけません。長電話をしたりずっとメールをしたりブラウジングばかりしていると「私といるのがそんなにつまらないの?」と思われます。
また、食事の際にクーポンが使えるところ以外は入らないといった変な固執もやめましょう。初デートは予定が狂うのは当たり前ですし、たまたま見つけたお店に入りたい…女性はそういうところがあるものです。柔軟な姿勢でデートを楽しみましょう!

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ