HOME嫌なクセを直そう

女性から心底愛されるために嫌なクセを直そう

付き合いが長くなってくると、つい女性を雑に扱ってしまうという男性は少なくありません。それだけ心を許しているという証拠なのかもしれませんが、人知れず女性は傷つき悲しんでいるかもしれませんよ。もしかして自分もクセで彼女を傷つけているかもしれない、そう感じている男性に読んでもらいたいお話です。

嫌味っぽくなっていませんか?

同じ事を言うにしても嫌味っぽいのは相手が彼女じゃなくても、相手に対してとても失礼です。男としての価値が下がるだけですね。余計な一言が多くて、ケンカになったりしませんか? 相手を傷つけると分かっているのなら、今すぐ嫌味な言い方はやめましょう。

生活習慣がだらしなくなってないですか?

次の日が仕事だろうとも、前の日の夜、遅くまで夜更かししていませんか? 暴飲暴食、お酒の飲み過ぎなど生活習慣病まっしぐらではありませんか? 年齢に関係なく、生活習慣がだらしのない男性は周囲からひかれてしまうでしょう。大人の男として、きちんとした日常生活を送ることは自分にとって必ずプラスになります。ちょっとだらしないかも、と自覚しているならすぐに生活パターンを見直してくださいね。

しつこく粘着していませんか?

これは女性にも言えることなんですが、過去の事をいつまでも引きずって、ケンカになるたびその話を蒸し返したりしていませんか? 過去のことは過去のこととして割り切り、二人で前を向いて歩いていきましょう。いつまでもネチネチしていると、女性が嫌気をさしますよ。

ちょっとのことでイライラしていませんか?

そんなことで怒るの? と言われるほど短気ではありませんか? 短気は損気という言葉が昔からありますが、細かいことでイライラしていたのでは、せっかく二人で過ごしていても、おかしな緊張感が漂ってまったく安らげません。もしもストレスを抱えているなら、趣味に没頭するなり温泉にでかけるなり工夫をして、上手にストレスを発散させましょう。

説教臭くなっていませんか?

ついつい上から目線で女性に説教をしていませんか? まるで会社の上司に説教されているような感覚になって、女性はアナタと過ごす時間に安らぎを感じられずにいるでしょう。いつまでもグチグチ話すような人に、男としての魅力を感じるわけがありません。

性生活に自信を持っていますか?

これは繊細な話なんですが、もしかしてEDのような症状に悩んでいませんか? おそらくパートナーはうすうす気付いているはずです。女性に嫌われたくないという一心で隠しているかもしれませんが、早めに専門機関を受診してくださいね。バイアグラなど必要に応じて処方してもらえるので、早めに症状が改善されるはずです。恋人と体を重ねあうことは愛情表現のひとつですから、できるだけ早めに診察を受けることをお勧めします。

いかがでしたか? まるで自分の事を言われているようだという男性はいませんか? もしも身に覚えがあるのなら、自分のクセを直す努力をして、女性と過ごす時間を大事にしてくださいね。女性はちょっとした変化に敏感ですから、男性の態度が改まったことで、男性の愛情を再確認することでしょう。二人の関係が、より一層いいものになるはずです。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ