HOME恋愛上手になるためのコツ

マンネリしないための同棲生活

同棲生活を送るカップルは、マンネリ化しないように努力をしているようです。確かに、一緒に生活をしていると慣れてくる部分があって、相手が空気のような存在になりがちですからね。男として魅力がなくならないように、女性と一緒に暮らす中でどんなことに気をつけたらいいのか役立つお話をご紹介しましょう。

できるだけ夕飯は一緒にとろう

もちろん、お互い仕事の終わる時間が違うわけですから、無理にあわせる必要はありません。平日にあわせるのが難しいなら、一緒の休みの日ぐらいは朝食も昼食も、もちろん夕食も一緒に食べたいですね。たまには外食もいいでしょう。「いつか一緒に行くために」と評判のレストランを下調べしておくのもいいですよね。せっかくの休みだけど疲れてるから家に居たい、そんなときは一緒に食料を買出しして一緒に料理をするのはどうですか? 料理が苦手でも今はレシピサイトを簡単に活用できますから、作ったことがない珍しいメニューに挑戦するのも盛り上がりそうです。

やっぱり記念日は大事

一緒に暮らしているとどうしてもなあなあになりがちです。側に居るのが当たり前にならないように、いつも一緒に居ることに感謝するきっかけ作りを意識しましょう。そのためにもお互いの誕生日や、付き合った日の記念日、クリスマス、バレンタインなどの記念日はいつもと違う一日にしたいものです。たくさんのお金をかける必要はありません。その日は二人にとって特別な日と意識することが大事なんです。テーブルに花を飾るのもいいでしょう。レストランを予約するのもいいでしょう。記念日を大事にするカップルは、いつまでもラブラブみたいですから、いいことはすぐ真似てみてはいかがでしょうか。

たまにはゆっくりお散歩もいい

仕事で疲れているのはお互い様です。体力を温存したいから一日じゅう家の中で過ごすのは悪いことではありません。しかし、好きな人と一緒にいるのだからいいだろう、と素っ気無くなることは女性にとってガッカリポイントになってしまいます。また仕事を頑張れるように英気を養う意味でも、忙しい平日は買出しも大変でしょうから一緒に食料を買出しにいって、そのついでにゆっくりお散歩をしてみてはいかがでしょうか。近所をゆっくり歩いてみると、こんなところにお店が? こんなところに公園が? と新しい発見ができて楽しいですよ。

いってらっしゃい、いってきます、おかえり、ただいまのキスは即実践

いまさら恥ずかしいと照れないで、愛情表現のひとつとして決まりごととして続けてみてください。些細なケンカをして顔を合わせづらいという日でも、必ずキスでごあいさつ。これが仲直りのきっかけになったりするものですよ。やっぱり愛し合う者同士、スキンシップは必要不可欠です。同棲生活を続けているからこそできるスキンシップですね。

夫婦が長年連れ添っていると、男とか女を意識しなくなるという話をよく聞きます。子供が独り立ちした後の熟年離婚が増えているのもこれが理由のひとつみたいですね。せっかく運命的な出会いをした二人なんですから、いつまでも男として、女として魅力ある人間でいるために、一緒に努力を続けていきましょう。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ