HOME男女は理解し合えなくて当たり前?

男女は理解し合えなくて当たり前?

なぜ彼女はこちらのことを理解してくれないのだろう、逆に彼女のほうも同じように考える瞬間はあるでしょう。なぜならば、そもそも男性と女性は理解しあえない生き物だからなんです。それをお互いに理解していれば、価値観が違って当たり前と素直に受け入れられるんですね。ストレスを感じずフランクに付き合っている恋人たちは、無理に分かり合おうとしないようです。

男性と女性は嗅覚が違う

ちょっと面白い違いを見つけました。匂いフェチに女性が多いのは本能のようです。女性の場合、恋人の匂いを嗅ぐと落ち着いて幸せな気持ちで満たされるそうです。彼が着ていた洋服についている彼の匂い、その匂いを嗅ぐだけで側に彼がいなくても幸せなんですね。ところがこの嗅覚は女性特有なのだとか。男性は女性のシャンプーの匂いを嗅いでも、特に何も感じないそうですね。そのため、男性は鈍感、女性は敏感というわけなんです。男性が他の女性の匂いを付けて帰ってきたらすぐに気付くのも、女性の本能に備わった嗅覚なんですよ。

恋人に会いたいと思う気持ちが違うらしい

お互いに仕事が忙しくなってくると、彼女に会いたいと思う男性と、彼に会いたいと思う女性の気持ちに大きな開きが生まれるそうです。男性の思いは一層強く、女性の思いは徐々に弱くなっていくのだとか。仕事が忙しいと言い訳ばかりで会う機会が減ることは、恋人同士としての絆が弱くなる可能性があります。どんなに忙しくても、10分でも30分でも会う時間をつくる努力が必要みたいですね。

男性と女性のどっちが熱しやすく冷めやすいのか

これも男女間の恋愛にとって非常に興味深いのですが、男性は電子レンジタイプで熱しやすく冷めやすい傾向が強いようです。これと比較した場合、女性はオーブントースターでしょうか。じっくりと時間をかけて温めるタイプ。一目ぼれが多いのは男性のほう、ということですね。

仕事に追い詰められているときの男女の違い

これは男性が持つ狩猟本能がすべてを物語ります。女性はどんなに仕事が忙しくても、彼に会う時間を設けようとします。ところが男性は狩猟本能を持っているため、仕事に追い詰められると仕事1本になってしまうんですね。彼女の存在を忘れているわけではないのですが、仕事を疎かにできない、狩猟で獲物をとらなければ家族を養えないという本能が働くわけです。仕事と私どっちが大事なの? と言われて答えに困ってしまう男性は多いようですね。

どちらが単純でどちらが複雑?

これは精神的な構造によって分かっているのですが、男性は単純で、女性は複雑なのだとか。体の仕組みがそうなっているようで、例えば女性は子供をあやしながら洗濯物をたたんだりできますが、男性の場合は子供をあやしながら別の用事をこなすことが難しいのだそうです。努力をすれば出来るようになるのかもしれませんが、そもそも精神構造が違うので難しいかもしれません。女性の理解が必要です。

お互い愛し合っている者同士と言っても、所詮他人同士なんです。血の繋がった家族でさえ衝突することがあるんですから、他人同士の恋人がぶつかり合うのは仕方のないことなんですね。自分の価値観を押し付けるよりも、どれだけ相手を愛しているか、しっかり愛情表現ができるかどうかが二人をさらにいい関係に導いてくれるのではないでしょうか。

男女それぞれの恋愛観

女性が喜ぶセックスとは

男性が喜ぶセックスとは?

関係を続けるためのテクニック

恋愛上手になるためのコツ

セックスの真面目な話

このページのトップへ